ディーラーで車を購入する場合、元の車を下取りに出す事があるものですが、下取りしてもらう場合には少し問題点があるのです。

 
その問題点というのは安値になる事が多いという事です。

 
査定の際には独自の査定価格表を参考に下取り価格を出してもらう事になるのですが、査定価格表には車の人気度合いやアフターパーツの有無などをチェックする項目がありません。

 
つまり人気の車だろうとアフターパーツが充実していようとも査定価格には加味されない事になります。
その為、買取専門業者に売却するよりも安値になってしまう事があるのです。
しかし、売り方次第では大きな損をせずに済みます。
その方法としては、まず値上げ交渉をしてみる事です。
値上げ交渉を行う事によって価格をアップしてもらえる事もありますので、安いと感じた時には交渉をしてみるのも良いのではないでしょうか。
他にもアフターパーツを取り外して売却するという手もあります。

 
せっかく人気メーカーの社外パーツなどを装備していても価値が反映されませんので、いっその事取り外して売却するのも良いと言えます。
そして取り外したパーツはリサイクル店やオークションで売却すれば、実質の売却価格をアップする事ができます。