事故歴のある車を売却する際に、正直に申告するかどうか悩む方も多いのではないでしょうか。

 

実際、事故歴のある車の場合には買取価格が大幅に減額されてしまう場合もあります。特に車の骨格部分であるフレームなどに損傷がある場合には、安全性に問題がある車のため大幅減額は覚悟しておいた方がよいでしょう。しかし、バンパーやドアミラーなど安全性に問題がない部分の損傷の場合には、大幅な減額とはならない場合も多くあります。これは、多くの買取業者が自社の修理工場で安く修理ができるためです。

 

査定に車を持ってい行く前に、少しでも見栄えを良くしようとキズなどの修理をする方もいますが、安全性に問題のない損傷ならそのまま売却した方が得する場合も多くあります。軽い損傷の場合には、複数の買取業者の見積もりや、その軽い損傷を修理した場合の見積もりを修理工場などに出してもらい、どちらが得かを確認することが必要です。

 

 

また、安全性に問題があるような大事故を起こしているのなら正直に申告した方が印象もよく円滑に売却することができます。大きな事故をした車を修理した場合には、外観では分からなくてもプロの目で内部を見ると簡単に分かってしまいます。正直に話すことで、印象がよくなりスムーズな売却をすることができます。