自動車売却に向けてまずは査定をしてもらうための必要な書類は、自動車の詳細な情報が分かる車検証です。これは必ず必要になります。通常、自動車の中に積んでいるはずなのでそれほど問題にはならないものです。

 
それ以外には自動車そのものがあれば中古車の買取価格は自動車そのものを見ていけばある程度は判断ができるものではありますので、それほど提示を求められるようなものはあまりありません。

 
その後自動車査定が終わって、売却が決定した際には必要なものがいくつか出て来ます。必ず必要なものが所有者の印鑑登録証明です。これは必ず必要で、所有者の移転登録つまり名義変更のためにはこれがないと運輸支局等での処理ができないことから、必ず求められます。

 
他には、先述の車検証も必要ですし、自動車税の完納証明書もあれば提出を求められます。ただし、これはない場合には必須のものでもないので、それほど強くは求められることはあまりありません。

 
購入する時とは違って手放すときには、それほど多くの物が必要ということにはなりません。手放すことの同意という点で所有者の印鑑登録証明が必要な程度で、それ以外では必ずいるというほどのものはあまりないのが特徴になります。