車を売却する方法はいろいろありますが、売却後のことを考えてから売却先を選ぶことが大切です。

 

売却だけをするのであれば買取専門店を利用するしかありませんが、乗り換えを検討している場合には新車販売店で下取りを利用するのが良い方法です。下取りは面倒な手続きが不要ですから、新車の購入と同時に手続きができるメリットがあります。乗り換えを検討している場合には、買取店を利用すると、売却金額の受け取りと新車販売店への支払いなど手続きが負担となります。また、売却金が振り込まれてからでなければ新車購入契約を完了できませんので、スケジュールに余裕が無い場合には利用しにくい点もあるのです。

pet06_l

新車を購入する予定の場合には、買取専門店を利用するよりもメリットが多いのです。もちろん買取店の査定額が下取り査定を大きく上回る場合には、買取店で売却したほうが経済的に有利となります。中古車の乗り換えを検討している場合には、下取りは期待できませんので買取店で売却するのが最適です。新車の購入では一定の条件を満たせば下取対策金によって高額査定が可能となる場合もありますので、新車に買い替えを予定している場合にはディーラーの下取りを利用するのが最適なのです。